【子育ての悩み!】「子どもの夜泣き」の原因や、対処方法は?

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

 愛する我が子がすくすくと成長する姿を感じた時、計り知れないほどの喜びがあります。

しかし、子育てというのは「毎日が上手くいく!」というものではなく、必ず悩みというものがつきものです。

子育ての悩みというのは人それぞれで、原因や解決方法、最適な対処法なども異なります。

今回は、そんな子育ての悩みの中でも特に多い「子どもの夜泣き」について、原因や対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

「子どもの夜泣き」の原因は?始まる時期は?

 子どもの夜泣きは、「赤ちゃんの頃が一番多い!」

と、思われがちですが、実は夜泣きが起こる時期というのは、明確な時期はなく、個人差が生じます。

更に、夜泣きが始まる時期も異なれば、もちろん、夜泣きが終わる時期も異なります。

更に更に、夜泣きが続く期間というのも子どもそれぞれで異なるので、毎日子どもの夜泣きに悩まされているというパパやママがいれば、

「あれっ?いつの間にか夜泣きが無くなっている」という風に、短期間で改善されるということもあるのです。

スポンサーリンク

夜泣きの原因は、「環境の変化」がとても影響している

 夜泣きが始まる時期が子どもによって異なると話しましたが、赤ちゃんの頃はもちろんよく夜泣きをします。

それは「お腹が空いた」「近くにパパやママがいない」「オムツが濡れている」など、その殆どが「欲求を満たして欲しい」という部分からの泣きです。

こういった夜泣きは、赤ちゃんが成長に関する生理的な物なので、その欲求を満たすことで、その場は収まります。

しかし、赤ちゃん時期の夜泣きが終わったと思いきや、次は1歳の頃、2歳の頃に、更には3歳になってから夜泣きが始まった!

というパターンが存在します。

そういったパターンの多くは「環境の変化」による影響を受けていることが多いです。

例えば、「最近、保育園に通い始めた」「ママのお腹に赤ちゃんがいる」「引越しをした」など、これまでの環境と異なった時、子どもというのは驚くほどに敏感に反応します。

保育園自体は楽しんでいるが、体力的に疲れていたり、集団生活なので、精神的な疲労も感じている、

妹や弟ができるという喜びの反面、「ママを取られる」といった、不安な気持ちを抱く、

いつもと寝室の感じが異なる、生活パターンが異なる、

など、環境の変化によって、子どもは心理的負担や不安を感じやすいのです。

スポンサーリンク

「子どもの夜泣き」の対処方法は?

夜泣きの克服に「特効薬」は存在しません。

先程も話したように、心理的に負担を感じていたり、不安に感じているので、無理に「泣かないの!」などと言っても、逆効果です。

一番は、「子どもの気持ちを聞き、寄り添い、安心感を与えてあげる」ことです。

就寝時間を子どもに合わせ、朝まで一緒に眠ってみたり、「いつでも近くにいるよ」というメッセージを送ってあげることが一番の対処方法です。

しかし、ママは子どもを寝かしつけた後にも仕事が山のようにあります。

「毎日一緒に朝まで眠るなんて難しい!」

と言った声が聞こえてきます(笑)

そこはやはり、「パパの協力を得る」という事が大切です。

ママの仕事を手伝ったり、それが出来なくても、ママの変わりにパパが添い寝をしてあげるなど、やはりここはママ一人の力で克服することは難しくなってきます。

パパやママがストレスMAXだと、それも子どもには伝わっちゃいますからね。

スポンサーリンク

最後に。

欲求を満たしたい赤ちゃんの夜泣きとは違い、急に起こる夜泣きというのは、必ず原因があります。

子どもの心の中に、負担や不安といった感情があるというサインなので、「泣き止ます」というマインドから、まずは「子どもの気持ちを聞きだし、寄り添う」というマインドに切り替えることが大切です。

実際に、話を聞くだけで夜泣きが止まった、というパターンもあったりします。

そして、もっともっと大切な事は、「パパとママが協力して子育てを行う」という事です。

子育ての悩みや、最善の対処法と言うのはそれぞれ異なりますが、同じ悩みを抱えているパパやママの参考になればと思います。

タイトルとURLをコピーしました