初めての里帰り出産!生後1カ月未満の新生児を飛行機に乗せても良いの!?

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

今回は新生児を連れた長距離移動、特に国内の飛行機による移動の時に
知っておくと便利な情報をまとめました。
初めての出産でただでさえナーバスになっている時期、
大人でも大変な長旅をスムーズに行うにはどのような工夫をすれば良いのでしょうか?

ちなみに筆者も1人で3歳児と生後1か月の新生児を連れて飛行機に乗り、
里帰り先から自宅まで帰宅した経験があります。
最初は緊張しましたが、予め準備をしていれば特にトラブルなく快適に移動できました。

これから出産を控えていて、赤ちゃん連れでの移動手段を悩んでいる方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

気になる新生児の飛行機搭乗、出産後いつから搭乗可能?

まず1カ月未満の新生児を飛行機に乗せる時に心配なのが、
赤ちゃんの健康への影響はないのか?そもそも航空会社の規定でOKされているのか?
といったところだと思います。

いくら本人の希望で赤ちゃんを飛行機に乗せたくても
航空会社からNGを出されてしまったらどうしようもありませんよね。
こちらは結論から言うと、ほとんどの航空会社が生後8日以上からの搭乗が可能なようです。
私は出産後、里帰り先の病院で1カ月検診を済ませてから搭乗しました。

もちろん新生児を飛行機に乗せてよいか、出産する病院の医師にも事前に確認しております。
基本的に赤ちゃんへの健康への影響はないようですが、
妊娠中の母子の健康状態や個々人の事情により変わってくる場合もあると思いますので、
一般論よりもご自身の場合はどうなのかきちんと確認しておくと安心でしょう。

スポンサーリンク

実際の搭乗時、どのように赤ちゃんを乗せれば良いの?スムーズな乗せ方は?

航空会社からもきちんと規定されているように、新生児を乗せたフライトは
一般的には問題ないことが分かりました。
では実際に搭乗する際、赤ちゃんをどのように乗せれば良いのでしょうか?

こちらは私の経験談になりますが、普通に新生児対応の抱っこ紐で
抱っこしながら大人の座席1名分の予約で十分でした。
(大体どこの航空会社も2歳までは座席を使用しなければ運賃が無料となっていると思います。)

赤ちゃんを前に抱っこしながらシートベルトが上手く締められるか、
そしてシートベルトで赤ちゃんが圧迫されないか心配でしたが、
特に苦しそうな様子はなく爆睡していました。

またこのような状態で搭乗しても特にCAさんから指摘を受けるようなこともなかった為
このやり方で良かったのかなと思っています。
飛行機に乗っている時間は約2時間でしたが特に体勢がきつくて辛かった記憶もありませんでした。

もし長時間の抱っこに不安がある方や余裕を持って機内で過ごしたい方は、
バシネットを予約することもお勧めです。
バシネットとは、赤ちゃんを寝かせることが出来るベッドのことで
座席前に取り付けることが出来ます。

このバシネット、大変便利そうですが航空会社によって国内線では取り扱いがなかったり
数に限りがあったりする為、必ず利用できるわけではないことに注意が必要です。
絶対使用したいと考えている方は利用する航空会社で取り扱いがあるか確認し、
早めに予約してしまいましょう。

また、赤ちゃん連れにおすすめなのは通路側の席です。
赤ちゃんが泣いてしまったりオムツ替えの必要が出てきたりした場合に
すぐ席を立つことが出来るからです。

特に後部はトイレまでの距離が近かったり、少し広めのスペースがあったりすることが多く、
何かあればすぐに立ち上がって赤ちゃんをあやすことが出来るのでお勧めです。
私も子供が小さい内はいつも後部の座席を予約していました。

スポンサーリンク

赤ちゃん連れの飛行機、持っておくと便利なものはある?

ズバリ液体ミルクです!普段のお出かけ時でも持ち歩いている方は多いかもしれませんが、
飛行機の離着時の耳抜きに役に立ちます。
特に離陸直前に飲ませることで赤ちゃんが満腹になりスヤスヤ眠ってくれる可能性が高まります。

フライトの時間を確認し、だいたい離陸直前頃にお腹がすくよう
授乳スケジュールを調整出来ると良いでしょう。
ただし吐き戻してしまう場合もあるので、赤ちゃんを抱っこしたままでも
取りやすい位置にタオルを準備しておくと安心です。

スポンサーリンク

まとめ

初めての赤ちゃん連れの飛行機旅、私の場合は事前に準備をしておくことで
意外とスムーズに終わった印象でしたが如何でしょうか?
CAさんも赤ちゃん連れの方への対応に慣れているのか、
常にこちらを気にかけて頂いているなと思うことが沢山あり居心地もとても良かったです。

因みに余談になりますが、個人的には新生児の時期よりも断然1~2歳児連れの方が大変でした。
新生児は基本寝ていることが多いので飛行中も静かにしてくれていたのですが、
幼児はそれなりに力も強く席にじっと座っていられないので
オヤツや飲み物で何とかご機嫌を取るのに苦労したのも良い思い出です。

タイトルとURLをコピーしました