【子育ての悩み!】「夫の育児、子育ての不参加」は、どう対処したら良いのか?

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

 「子育てはパパとママが協力して行うもの!」

世の中絶対にそうであって欲しいし、このような言い方は良くないのかもしれませんが、

「そうあるべき!」

と、個人的には思っています。

もちろん子育てのメインはどうしても「ママ」の方になってしまいがちです。

子どもと一緒にいる時間はママの方が長いことが多いので、そのような家庭が多くあるというのも、現実です、。

そんなママが子育てに困った、息詰まった時などにパパのフォローや、サポートというのは絶対に必要です。

しかし、家庭の事情は人それぞれで、中には「パパがなかなか子育てに協力的ではない、参加しない」といった家庭もあるというのも、現実です。

今回は「夫がなかなか育児や子育てに参加してくれない!」と、悩むママに向けて、対処法や、参加させる方法を紹介します。

人生を変えるダイエットに挑戦したいあなたへ

スポンサーリンク

1番の対処法!「諦めも肝心」

 対処法として初めに紹介すると、怒られてしまいそうですが、夫に対して「諦める」というのは、本当に1番の対処法だと考えています

そもそも、人に何かを求めるから、その欲求が満たされない時に「ストレス」が生まれるのです。

相手に何も求めなければ、確実にストレス軽減には繋がります。

又「人を変える」ということは、なによりもエネルギーを消費します。

夫の考えを変えようとしすぎると、子育て以外の疲労の蓄積も考えられます。

相手を変えるよりも「夫は何もしない」と、こちら側が考え方を変える方が、よっぽど効率的ということもあるのです。

スポンサーリンク

夫を子育てに巻き込む作戦①「子どもを利用する」

 「諦めも肝心」と先程は話しましたが、それだけだと誰も納得しませんよね(笑)

では、子どもを利用して夫を子育てに巻き込みましょう。

例えば「子どもがパパと遊びたがっているよ」「パパとお買い物に行きたいって言ってるよ」

など「子どもが求めている」ということを、アピールするのです。

子育てに参加しない、又は無関心という夫の心理には

「妻に命令されたくない!」

と思っている事が多いです。

なので、ママが「○○やって!」と欲求を伝えるのではなく、

「子どもが…」というように、

子どもの欲求だと伝えることで、重い腰を動かすこともあるのです。

スポンサーリンク

夫を子育てに巻き込む作戦②「1日外出する」

 荒治療ではありますが、思い切ってママが1日外出するというのも、一つの方法です。

ここでポイントは、外出中の子育てや家事に対して「完璧を求めない」ということです。

ご飯は外食でも、コンビニで購入でも良いのです。

洗濯物が溜まっていても、部屋が散らかっていても良いのです。

そして、絶対に忘れてはいけない事は、

パパに対して「感謝の気持ちを伝える」です。

たとえ、外出中の子育てや家事が不完全でも、お礼を伝えることで、パパは充実感に満たされるでしょう。

その中で、ママの大変さにも気づくはずです。

不完全な子育てや家事に対して「何も出来ていないじゃないの!」なんて言ってしまったら…

考えるだけで恐ろしいですよね(笑)

不完全な中でも、何か一つでも上手く出来ていることを一つ見つけてみましょう。

その上手く出来ていることを、パパの担当にしてしまうのです。

干していた洗濯物を取り込んでいる。

食器が洗われている。

何でも良いのです。一つ出来ていることを見つけ、それを大げさに褒めるとパパは得意げになること間違いなしです。

スポンサーリンク

最後に。

それぞれの家庭によって、パパの子育て参加の有無は異なりますし、ママの捉え方一つで、そのパパが子育てに参加しているのか、そうでないのかも変わってきます。

「諦めも肝心」だったり、パパを子育てに巻き込む作戦も、どこかママの方が「下手に出ている」ように感じますが、

まずはパパが子育てや家事に対して「参加するキッカケ」を与える事がとても重要です。

「少しずつ」「スモールステップ」この言葉を忘れずに、パパを子育てや家事に取り込んでみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました