【子育ての悩み!】「子どもの好き嫌い」ってどうしたら良いの?

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

 我が子の誕生は嬉しい事ですが、子育てを通したパパやママの悩みと言うのは数え切れない程あります。

そんな数ある子育ての悩みから、今回は「子どもの好き嫌い」について、その原因や解決方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

好き嫌いの原因には「遺伝的要素」が考えられる

 好き嫌いの原因、まずは「遺伝的要素」から簡単に説明します。

人間の味覚には「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」があり、この5つの種類がそれぞれの役割で、口にした食べ物を「おいしい」「まずい」だったり、「有益」「有害」という判断を行ないます。

甘味、塩味、うま味は「エネルギー源」「ミネラル」「タンパク質」などのシグナルを発するので、人間にとって必要不可欠な栄養素と判断されます。

逆に、苦味や酸味というのは「腐った物や未熟な物」「毒」といったシグナルを発するので、なかなか受け付けません。

例を挙げると、子どもが嫌う典型的な野菜「ピーマン」は、苦味が強く「毒のシグナル」が発せられ、「本能的に拒否してしまう」というのが、好き嫌いの遺伝的要素なのです。

逆に、ケーキやスナック菓子というのは、塩味や甘味が強いので、好まれやすいのです。

スポンサーリンク

好き嫌いの原因には「食経験」も大きく関わる

 本能的に食材を拒否する「遺伝的要素」とは別に、後天的に好き嫌いが起こるのが「食経験」などの環境的要素です。

生後は母乳やミルクから栄養を得ますが、成長に伴い徐々に離乳食へ移行します。

母乳やミルク以外のものを初めて口にするというのは、不安感や恐怖感があり、心理的にも負担が大きいのです。

そこで、初めて口にした食べ物によって、腹痛や下痢を起こしたり、体調を崩してしまうようなことになると、その食べ物を「もう食べたくない」と思うようになるのです。

これを「味覚嫌悪学習」と言い、逆に食べたことによって体調が良くなったり、メリットを感じると、その食べ物に対する嗜好が増し、これを「味覚嗜好学習」と言います。

スポンサーリンク

好き嫌いの解決方法や、対策は?

 食経験から来る好き嫌いでは、やはり、小さい頃から様々な食材に触れさせる事が大切です。

離乳食の段階で様々な野菜を細かく砕いて入れたり、毎日同じ食材を使うのではなく、離乳食でも様々なメニューを用意すると良いでしょう。

又、このような実験も行なわれています。

「妊娠中も出産後も、にんじんジュースを飲んだ母親」

「出産後に、にんじんジュースを飲んだ母親」

「妊娠中も出産後も、にんじんジュースを飲まなかった母親」

この3パターンの条件で育てられた子どもの中で、「にんじん嫌い」が少なかった子どもは、妊娠中も出産後も、にんじんジュースを飲んだ場合が多かったという結果があります。

この結果から分かるのは、胎児の頃から様々な食べ物に触れている、母親が様々な食べ物を積極的に食べている方が、子どもの好き嫌いは減り、食べ物に対する許容度も増すのです。

スポンサーリンク

最後に。

「もうすでに子どもの好き嫌いで悩んでいる」という場合には、子どもと一緒にクッキングをしたり、調理の方法を変えてみるというのも、一つの方法です。

例えば、にんじんを花の形に切ってみたり、大好きなハンバーグの具材に細かく砕いたピーマンを混ぜてみたりするのも良いでしょう。

味覚だけでなく、「視覚」から「おいしそう」「かわいい」と思わせたり、実際に食べた後に「実はピーマンが入っていたんだよ」と伝えます。

「以外とおいしいんだ」「ピーマン食べられたんだ!」という、ポジティブな感情に持っていく事も、好き嫌い改善の一つの方法なので、ぜひ実践してみて下さい。

↓いつも頑張っているママへ↓

タイトルとURLをコピーしました