【借金への解決策】借金に対する混乱やストレスを軽減する方法

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

この記事では

●借金が増え過ぎて夜も眠れない。
●いつまでに返済が完了できるのか途方に暮れている。
●借金がありすぎてストレスが多い。

そんな悩みに対して解決方法を書いています。

今回の内容を読めば「借金に対する混乱やストレスを軽減する方法」を学べます

スポンサーリンク

借金に対するストレスを軽減する方法

借金の返済を繰り返しても安定しない状況はとても苦しいものです。
額が膨れ上がればその分ストレスと不安は大きなものになりますし解決できる問題でない場合は心理的にもダメージを負うことになるでしょう。

一番危険な状況は、自分の収入よりも支出が大幅に上回るという状況で
この状況が毎月継続すると精神状態も安定せずに大きなストレスを抱え続けることになってしまいます。

収入を上げてなんとか支払う努力をしたり、誰かに借りることもできますが大抵は一時的な解決策にしかなりません。

まずやるべきことは今稼げる収入と支出のバランスを+-¥0円にまでいきましょう。衝動で大儲けできる情報商材などに飛びついたりしないことです。

そうしないとどんどん消耗戦に陥ります。

だからまずは、借金を支払い総額を減らしていくことが辛い状況を抜け出す解決策になります。

スポンサーリンク

ストレス、不安が増えると浪費の悪循環が生まれる。

人はなぜお金を使うのか?を改めて考えてみると浪費の原因が見えてきて
今までよりも出費を減らすことに成功できます。

「物がほしいから」というのが一般的な答えですがではなぜそれがほしいのでしょうか?それを手に入れる目的は一体なんでしょう?

わかりやすく家に例えてみましょう。家が欲しい理由は家族で楽しく暮らしたいとか広くて快適な環境で子供を育てていきたいなど色々とあると思います。

そうなるとほしいのは「家」そのものではないことがわかります。

家を買い家族と過ごすことで「感情」を手に入れたいのです。
それは「安心」、「共感」など様々です。

そう考えてみると「浪費」をしてしまう本当の原因も見えてきます。

ストレス、不安を取り去りたいからお金を使い飲み会や買い物依存になったりしてしまうということですね。

この感情が増幅し蓄積すればするほどそれを補う快楽を求めてクレカで浪費したりしてしまうわけなのです。

つまりは、自分のキャッシュフローを計算するだけでなく、このストレス、不安などを軽減していくことができれば浪費を抑えることに繋がります。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「借金に対する混乱やストレスを軽減する方法」について2点解説しました。

●借金の返済を繰り返しても安定しない状況は途方のないストレスでとても苦しく消耗戦です。支払い額を減らしいち早くストレス状況から抜け出しましょう。

●負の感情が増幅し蓄積すればするほどそれを補う快楽を求めてクレカで浪費したりしてしまいます。
つまりは、自分のキャッシュフローを計算するだけでなく、このストレス、不安などを軽減していくことができれば浪費を抑えることに繋がります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました